悠悠自適

筋トレ・読書・ダイビング。心の赴くままに好きなことを好きなように紹介させていただきます。

モノ消費とコト消費

こんにちは、イグチユウリです。

購読してるメルマガで「コト消費」についての記事があって、「そもそもコト消費ってなんぞや?」と思ったので記事にしてみました。

コト消費って?

コト消費とは、

ある商品やサービスを購入することで得られる、使用価値を重視した消費行動。

コト消費(ことしょうひ)とは - コトバンク

のことだそうです。

つまりは洋服とか車とか、その「物」自体に価値を感じてお金を払うのではなく、ライブや演劇、スポーツイベントなんかも含めて「特別な時間や体験」にお金を払うことをコト消費というようです。

↑こういうのもコト消費ですね。

コト消費という言葉自体は2006年頃から出てきたそうですが、消費者がお金を払う対象が、どんどんモノからコトへ変化している、という記事でした。

 

うーん、確かに私もそういわれてみれば当てはまってると言えなくもないかもしれません。

もちろん物は物で普通に欲しいですし買うんですが(笑)、どっちによりお金を使っているかといえばモノよりコトな気がします。

昔から演劇を見るのが好きでよく観に行っていたりしたんですが、なんとなくこの「体験」を大事にというか、価値を感じる傾向は結婚してからより強くなった気がします。

 

別にべったり一緒にいるだけが夫婦ではないのは勿論なのですが、うちの場合割と旅行でも観劇でも一緒に行くことが多くて、やはりそうした特別な時間というか…「あんな事があったね」「こんな事をしたね」という共通の体験が夫婦の糧であり絆になっている気がします。

 

あとは単純に、最近ファッションでもなんでも安くて良いものが増えたんですよね。(笑)

GUとかびっくりするくらい安いですが、結構かわいい服・使いやすい服も多い。

まぁ素材によっては値段相応の質感だったりするので、全てがすべて使える訳ではないですが、流行りものの標準的なデザインは一通りそろってるので、「こういうデザイン気になったからちょっと試してみたい」なんて時にほんと便利なんですよね…!

後は副次的な効果として、ファストファッション=基本的に標準体型向けに作られてる=デザイン云々の前に来てみてサイズ感がおかしかった時には、ダイエットしなきゃな…というサインにもなります…。(遠い目)

お高い服だとその辺うまーくカバーしてくれちゃうんでね…!orz

 

形あるもの(モノ)と無いもの(コト)、どっちが大事とかいうものではなく性質が違うので単純な比較は出来ないと思いますが、コト消費の流れでどんな体験が出てくるのかはちょっと楽しみなイグチでした。