悠悠自適

筋トレ・読書・ダイビング。心の赴くままに好きなことを好きなように紹介させていただきます。

#子連れ会議OKについて考える

ニュースで「#子連れ会議OK」というハッシュタグが話題になっていました。


事の発端は先日熊本の市議会で緒方夕佳議員が生後七ヵ月の長男を連れて議会に出席したところ、熊本市議会では「議員本人以外は傍聴人とみなし、傍聴人の議会出席は認めていない」為、赤ちゃんを預けてくるように緒方夕佳議員に促したが聞き入れず、一時議会を中断したとのこと。


そのニュースを受けて映画監督の紀里谷監督を含め、様々な著名人がTwitterで「#子連れ会議OK」というタグでツイートしている、というお話です。

 

子供のいない1女性会社員として、一連の出来事を見ていたのですが…子連れ会議、OKじゃないと思う。


勿論こうした著名人の方たちが「子連れ会議OKだよ!」というメッセージを発するということは、「子連れ会議が本当にOKなのか」というより、たぶん「子育てしやすい社会にしていきましょう」「社会として子供を大事にしていきましょう」という意味合いの風潮が広まって良いことだと思うのですが。

 

本当に真面目に子連れ会議を考えてみると、お母さん、横にお子さんいて仕事に集中できますかね?
おとなしく座ってられる子ばかりじゃないですし、その場合子供を何時間も椅子に座らせておくのでしょうか。
多分子供だってお母さん横にいるならかまってほしくて泣いたりちょっかいだしますよね。
キッズスペースとか設置する?
でも1歳以下のお子さんをまさかキッズスペースに一人で放置しとく訳にはいかないですよね。
ていうか子供ならよくて介護中の人はどうなるの?などなど。

 

先ほど書いた通り、「子育てしやすい社会にしていきましょう」「社会として子供を大事にしていきましょう」というメッセージとしてはアリだし、紀里谷監督グッジョブ!と思うのですが。


子供を育ててる人だけじゃなくて、ちょっと体調悪くて仕事はできるけど通勤辛いなとか、介護中の方とか全部含めて、やっぱりテレワークを普及させるのがいいんじゃないかな、と思います。

口頭レベルの会話ならチャットワークで済むし、複数人で打合せするならスカイプなどでテレビ会議も可能です。

セキュリティ的な観点で考えても、自宅のPCから会社のPCにVPN(バーチャルプライベートネットワーク)通じてリモートアクセスして、ファイルダウンロードの抑止をさせておけば基本ある程度担保できるんじゃないかな。

勿論やっぱり顔つきあわせてぱっと話しちゃったほうが早いことも結構ありますが、貴重な人材の流出を防ぐためなら、多少のめんどくささとか遠回りはあっても、結果的にはプラスになると思うんだけどなぁ。。

実際うちの会社でも、男性ですがもうすぐ育児のために週の半分はテレワーク勤務になることが決まってる方もいます。

やり方については賛否両論あると思いますが、どんな人でも柔軟な働き方が出来る社会にしていきたいですね。