悠悠自適

筋トレ・読書・ダイビング。心の赴くままに好きなことを好きなように紹介させていただきます。

トマト嫌いの無水カレー!

我が家で月に一度は必ず食卓に登場するのがカレー。

しかも一回に最低3日分以上は作るので、いくら二人分とは言え中々の量を作ることになります。

結婚当初は実家で定番だったポークカレーを作っていたのですが…

旦那氏の「俺大きいお肉あんまり好きじゃない…(´・ω・`)」の一言により、イグチ家のカレーはそれ以来毎回キーマカレーになりました。。

(ちゃんと一口大に切ってるっての!!(`Д´))

私も正直肉さえ入っていれば、ひき肉だろうが一口大だろうが気にしないタイプなのでよかったのですが…

 

結婚して5年、さすがに飽きました・笑

 

ということで、定番のカレーを少しでもアレンジしよう!とチャレンジしてみたのが無水カレー。

そもそも無水(むすい)カレーって何かというと、読んで字のごとく「水を使わないい」、つまり食材から出る水分だけで作るカレーです。

主に野菜から出る水分だけで作るので、うまみがぎゅっとつまったおいしいカレーになるそうです。

しかし、単に水分が多い野菜といえばキュウリやキャベツ、大根などなどいくらでもありますが、カレーに大量に入れるという意味でいうと、一般的におすすめされるのがトマトと玉ねぎ。

しかしわたくしトマト大嫌いです( ・`ω・´)キリッ

 

ルーを溶かす水分量を確保するためには結構な量をいれなければならない…としばし葛藤したのち、カレー粉の威力(※すべての味をかき消す味の濃さ(…))を信じ、トマト中玉3個と玉ねぎ2つをフードブロセッサーでみじん切りにして使用してみたところ…

 

うまーい!!(゚д゚)

 

全然トマトの青臭さがない!さすがカレー粉!!

トマトがおすすめな理由は水分量の多さだけでなくうまみ成分であるグルタミン酸が多いからだそうなのですが、確かに、作り立てなのに2日目のようなコクがあります。

しかもトマトはコレステロールの吸収を抑える作用があるんだとか。カレー粉はコレステロールの塊ですもんね(遠い目)

とはいえさすがに水を1滴も使わないとはいかず、結局多少の水と我が家の定番・缶詰コーンを汁ごといれて完成としましたが、いやー…あなどれないな無水カレー。。というかトマト。

今後も我が家の新定番になっていきそうです。